映画 「過速スキャンダル」の主要キャストと見どころ

映画 「過速スキャンダル」は、2008年に韓国で公開された映画です。830万人を動員し、韓国ラブコメディー部門興行成績で1位を記録するなど大ヒットした映画となりました。監督は本映画がデビューとなるカン・ヒョンチョル氏です。主演は、笑顔が似合うチャ・テヒョン。共演者として新人のパク・ボヨンが出演しています。また、オーディションの激戦を勝ち抜いてきた新人ワン・ソクヒョンが子役として登場します。3人の個性がうまく溶け合い、映画に明るい雰囲気を醸し出しています。

 

かつて人気アイドルで、現在は人気ラジオDJとして活躍しているチャ・テヒョン演じるヒョンスは独身を謳歌していました。そんなヒョンスの前に、パク・ボヨン演じる子連れのジョンナムが現れて、娘だと乗り込んできます。ジョンナムは、ヒョンスの仕事場まで追いかけていき、ヒョンスの生活は大きく狂い始めていきます。

 

スキャンダルが過速するのですから、一見するとオドロオドロしい人間の愛憎劇のような気もしますが、これが全く違うのです。始まったばかりの家族のドタバタ劇が、心暖かくそして、明るく楽しいコメディータッチでテンポよく描がれています。だからこそ多くの人のハートに刺さる作品として大人気を博したのでしょう。カン・ヒョンチョル監督はこれが初デビューというのですから本当に驚きです。

 

子どものようにどこか憎めない顔のチャ・テヒョンはヒョンス役にぴったりです。困っているのになぜか笑いを誘ってしまうチャ・テヒョンの演技は見ものです。また、映画の中で自身もアイドルを目指すジョンナムが歌うシーンもあり歌手としての才能も感じてしまいます。それに何といっても、ジョンナムの子ども役、ワン・ソクヒョンのあどけない顔がたまらなく可愛らしいです。

 

ユーモアがあれば苦労も難なく乗り越えられるのでしょうか。とにかくこの映画はただただ絶妙に面白いです。涙あり笑いありの映画 「過速スキャンダル」、韓流ファンだけでなく多くの人に見てもらいたい映画のひとつです。